入試直前期に注意すること

高校・大学入試直前期の心構えを以下の順で書いています。

  1. 生活習慣を朝方に
  2. 時間が足りない
  3. 過去問・予想問題集
  4. ポイントを絞る
  5. 一夜漬け
  6. 入試直前期
  7. 最後に一言

生活習慣を朝方に

夜型の人はできるだけ朝方に変えることを勧めます。

年明けからは生活習慣を朝方に変えてみてはどうでしょうか。11時に寝て6時に起きるというのが個人的にベストだと思っています。

夜型の人の中には「入試前日だけ早く寝ればいいんじゃね?」と思っている人がいます。

仮にそうやったとして、何も問題が起こらなければ、夜型でも入試前日だけ朝方に変えれば問題ないかもしれません。

しかし、特に受験直前期は夜型を続けていれば問題が起こる可能性が高くなるはずです。

だから、夜型を肯定することはできません。

理由は次の3つに悪影響だからです。

  • 勉強時間確保
  • 体調管理
  • 集中力

勉強時間確保

普段から夜型の人は、気づかないうちにスマホに集中している人が多いのではないでしょうか。

それって、時間の無駄ですよね。

勉強をするつもりなのに結局ほとんど勉強しないで無駄な時間を過ごしている。受験直前期にそんなことをやっている暇はありません。

さっさと寝てさっさと起きる。有限な時間を最大限活用するために夜型は合いません。

「えっ、でもそんなのスマホを使わなければ朝型でも変わらなくね?」と思ったでしょう。

全く違います。

朝型に変えれば夜無駄にスマホをいじることをなくなった分、早寝早起きができ睡眠時間がしっかりと取れるようになります。

睡眠時間確保ができることで、勉強時間を確保できるだけでなく、理由の3つ目に挙げている集中力に影響します。

スマホは時間を無駄にする

私も3回目の大学の時にスマホを利用していましたが、あの恐ろしさは2度と味わいたくありません。

自分ならスマホを持っても絶対にハマらないという自信がありましたが、スマホを持ったことでゲーム・ライン・フェイスブック・ツイッターが気になる気になる。

周りの子がラインでグループを作っていて、それに入れてもらえた時のうれしさ、自分が知らないところでやりとりがされているときの疎外感。

今の子供たちが時間を忘れスマホに依存する気持ちがなんとなく分かる気になりました。

スマホに依存をする以外でも、ラインもツイッターも個人情報が駄々洩れで、「こんな画像や動画を公開して大丈夫なの」と思うことが多々。

親は自分の子供がスマホを使って何をしているのか、どれだけ知っているのだろうか…もしかすると「時間を無駄にする」ということ以上に不安な面があるかもしれません。

体調管理

夜遅くまでスマホをいじって2・3時に寝て7時に起きるという中・高学生がいます。

決まった時間に通学しなければならない中学生・高校生にとって、夜型の生活は必然的に睡眠時間を削ることを意味します。

「睡眠時間を削ったらそれだけ起きている時間が増えていいじゃん」という人もいますが、そんなことはないです。

意外と知らない人がいて驚くのですが、睡眠時間が少ないと風邪をひきやすくなります。

しかも、受験期は真冬です。体調管理が1年の中で難しい時期です。

風邪をひいたら勉強ができなくなりますよね。時間の無駄ですよね。

うがい・手洗い・睡眠は風邪をひかないためには必須です。

私は昔から風邪をひきやすいタイプだったのですが、「うがい・手洗い」を習慣にすると途端に風をひかなくなりました。かなりの効果があると思います。

集中力

勉強時間の確保もできない、体調を崩してしまう可能性も高まる。夜型はマイナスばかりです。

しかし、まだマイナス面はあります。

集中力の低下です。

睡眠時間を削らざるを得なくなる夜型は集中力が確実になくなります。

起きているときでも頭がボーっとし、勉強をしても知識が頭に残り難くなります。やる気も起こらなくなります。

普段から夜型の人はそれに気づいていないことが多いです。だるい、やる気が起こらない、それって夜型の生活が原因の可能性が大きいんです。

さらに夜型は、精神不安を引き起こす率が確実に高くなります。

生活が不規則になると普通であれば考えないであろうマイナスな思考が頭の中をグルグル回るようになるといわれています。

思春期・受験直前期でただでさえ心が不安定な中、生活習慣が狂っていると、ちょっとしたことからいきなり精神的におかしくなってしまうこともあるのです。

これらのマイナス面があるので夜型は絶対にお勧めできません。意識的に朝型に変えることを本当に勧めます。

ちなみに、私の塾では中学3年生の3学期以降は授業開始時間を5時30分~7時30分に変更し、11時就寝6時起床ができるようにしています(年によっては時間調整ができず通常通りのときもあります)。

夜遅くまで勉強することを良しとするのは古い考えです。

集中していない8時間の勉強よりも、集中して3時間勉強をするほうが長期的にみればよいです。

朝方に変えて睡眠時間を確保して集中して勉強をしましょう。

時間が足りない

「睡眠時間を削らなければ勉強時間が足りない」という人もいます。

それはそれまで勉強をしてこなかった自分に責任があります。

睡眠時間を削っても上述の通り、マイナス面が多すぎます。最低でも6時間は寝てください。

勉強時間を削ることを考えるよりも、

  • 単語・漢字の暗記は通学や休憩時間などの隙間時間を使う
  • 自分の苦手個所を把握し、そこを重点的に勉強をする

このようなことを考え、何をすれば合格ができるのかを考えた方がよいです。

過去問・予想問題集

勉強法は現時点の学力や目指している学校によって異なってきます。

過去問や予想問題集は必要なことをある程度覚えた後に解き始める方がいいです。

学校の授業進度に従っていれば間に合わない可能性の方が高いです。

ですので、塾に通っていない人は自分で勉強スケジュールを立て、どれだけ遅くても冬休み前までにすべての学習内容を終わらせましょう。

ポイントを絞る

勉強をさぼってきたことが原因で時間が足りないという人は、ポイントを絞って勉強をしてください。

高校生

基本的に大学の入試問題は出題される可能性が高い分野そうでない分野があります。

自分が受験する大学の過去問を解いて、出題された箇所を教科書や参考書の索引で調べその周辺部分を勉強すれば出題されれる可能性が高い部分だけを勉強することができます。

参考:西南・福大入試直前期

中学生

自分が受験する高校で最低限必要とされている点数を取るには何をするればいいのかを調べてください。

6割くらいとればよい高校を受験するなら、難問の勉強はせずに、正答率が50%以上になるレベルの問題だけを解けばいいです。

4割前後でも合格できる高校なら5教科を万遍なく勉強する必要はありません。

理科の生物分野、社会の歴史、数学の計算問題、漢字・作文、英単語の暗記、など特定勉強に集中して合格点を獲得するという作戦を取りましょう。

  • 数学が嫌いだから計算問題以外全く勉強しない
  • 文章題・証明・図形問題はやらずに他の科目でカバーする
  • 大学進学も視野に入れているなら英語を重点的に勉強する
  • 理科は生物が得点しやすいので完璧にする
  • 化学は面倒に見えるが暗記をすれば高得点が取れるので頑張る
  • 地層は簡単だからやっておく
  • 地理はわけがわからないのでやらない、歴史・公民に力を入れる
  • 国語は今更勉強してもどうにもならないので作文対策だけをする

このように、自分なりに何をすべきなのか具体的に決めると、「何から手を付けていいかわからない」ということがなくなります。

苦手な単元をやらないでよくなるので、勉強をしていてイライラすることは減るはずです。無駄なことをやらなくて済むので、勉強時間がかなり浮き効率の良い勉強ができるでしょう。

一夜漬け

定期テストなら一夜漬けが意外と良い結果を出すことがあります。

しかし、高校・大学入試ではやめましょう。一夜漬けは出題範囲が少なく、何が出題されるか分かっている定期テストだから可能なことです。

そもそも、一夜漬けは一夜漬けです。睡眠時間を削って毎日一夜漬け状態で勉強ができるわけがありません。

頭が真っ白になって頭に何も入らなくなり、場合によってはぶっ倒れます。

入試直前期(インフルエンザには注意!!)

入試直前1週間に注意するのは、風邪を引かないことです。たくさん寝ましょう。睡眠不足だと風邪をひきやすくなります。1日最低でも6時間は寝てください。

「私よく風邪ひくの」という子の大半が睡眠不足です。

睡眠不足は風邪をひきやすくなるだけでなく、風邪をひいてなくてもひいたときに似た症状になり頭がぼーっとしたり・頭痛がしたりします(と私は思っている)。

定期テストで一夜漬けをしている人は要注意です。一夜漬けが通用するのは定期テストだけです。

入試直前1週間前に焦って、深夜3時4時まで勉強、睡眠時間3時間、学校では爆睡。

そんなことをしていたら本番を迎える前に体力の限界に達します。頭が働かなくなります。風邪をひきます。不合格になる確率がUPします。

また、すでに書いていますが、洗いは必ずしましょう。手洗いは思っている以上に風邪の予防になります。

うがいは、お茶でするといいらしいです。最初は口をゆすいで菌を出してからうがいをするとさらにいいらしいです。

上を向いて「あいうえお 」と言いながらすると、上手にうがいができるとのことです。

インフルエンザになってしまうと1週間近く時間を無駄にすることになります。

多少神経質になっても構わないので、体調管理は徹底してください。

前日は寝られなかったら仕方がないので、徹夜しても構いません。1日くらい寝られなくても、本番ではテンションが上がるので休憩時間に仮眠をとれば集中力は維持できると思います。

最後に一言

合格をしたければコツコツと努力をしましょう。

努力なしに目標をかなえることはできません。