福岡工業・九産・久留米大学受験用お勧め参考書

西南・福大よりも問題レベルが明らかに低い九産・福工大・久留米の入試問題ですが、原則、西南・福大用の参考書を使っておけば構わないと思います。

ここでは「ネクステやヴィンテージは難易度的にやるだけ無駄なのでは?」と思っている人へお勧めできる参考書を挙げておきます。

英語

単語帳は「ターゲット1400」で大丈夫です。

西南・福大受験の人に「1400」を勧めても、「簡単すぎるから1900を使わないと心配」と「1900」を使い続ける人もいると思いますが、九産が第一志望の人なら納得してくれるはずです。

文法書は「大岩のいちばんはじめの英文法」を一から丁寧に読んでください。

文法の問題集は「スクランブル英文法・語法Basic」を使ってみてはどうでしょうか。

これを完璧にすれば、文法4択問題で「全く分からない」ということはなくなるはずです。

「ネクステ」「ヴィンテージ」よりも量が少ないので、英語が苦手な人が要領よく基本的な文法問題を勉強するのに適しています。

とはいっても、大学入試用の参考書なので、少し勉強をすれば誰でも簡単に理解ができるようになるわけではありません。

その点は勘違いしないように気を付けてください。

長文の対策は「英文読解入門基本はここだ」がお勧めですが、九産を第一志望にしている人にとってはなかなか取り組みにくい内容だと思います。

「英文読解の対策のやり方が全く分からない」という場合、単語の暗記に徹してください。

九産・福工大・久留米代の英文はものすごく簡単なので、ターゲット1400をそこそこ覚えてしまえば、なんとなく長文の意味が捉えられるようになります。

後は、過去問の長文で実践対策をしてください。

そのときに、選択肢にある英単語と同じ単語を本文の中に探し出してみてください(キーワードを見つける)。

同じ単語を見つけることで、本文のどこを読めば答えを出せるかが見えてきます。

可能であれば、

  • 「every」「always」などの極端な表現がある場合「本当にすべてなの?いつもなの?例外はないの」といったことを確認する
  • 主語と目的語が入れ替わっていないか
  • 本文では肯定的に書かれているのに選択肢では否定的になっていないか

このような視点を持てば正誤判定がある程度できるようになるはずです。

日本史・世界史

九産等を第一志望にしているということはそこまで勉強が得意ではない(勉強時間が少ない)はずなので、学習内容を極限まで絞りたいと思っているはずです。

その人には「時代と流れで覚える! 世界史B用語」「時代と流れで覚える! 日本史B用語」を使って下さい。

これをある程度覚えることができたら、後は過去問を解きまくってください。

過去問を解くことで、自分が苦手な分野、出題されやすい箇所などに気づけます。

それに気づくことができれば、合格するために自分が何をすべきかを自分で考えられるはずです。

現代文

船口のゼロから読み解く最強の現代文」もしくは「板野博行の現代文教室」を読んで、現代文の解き方の基本を身につけてください。

後はひたすら過去問です。

現代文の読み方の基本を身につけたら、あとは自分が第一志望にしている大学の過去問を夏休み以降に週1くらいで解いてください。

漢字の暗記は必要であると思うならしてください(言葉を知ることは社会に出てからも役立つので不要なわけはないが、漢字を勉強に時間が回らない場合は捨てるしかない)。

※ 「板野~」は「ゴロゴ板野の現代文解法565(ゴロゴ)パターン集」をより見やすくわかりやすくしたものです。

古文

各大学、問題のレベルの割には合格最低点が高くないので、状況によっては古文を捨ててもいいと思います。

最低限の対策をしたいというのであれば、西南・福大受験の人にも勧めている「望月光の古文教室」を使ってください。

古文単語は学校で配られた単語帳を使ってかまいません。

「ランクA(超頻出単語」を完璧にしてください。

後は過去問を解いて問題を解くことに慣れれば十分合格点に達するはずです。