三潴高校についての詳細情報をまとめています。

偏差値・内申点

偏差値20台後半から50台前半が受験者層です。偏差値37~44の人が受験者の6割を占めます。

普通科は倍率が1倍を超すことは平成25年度を最後にありません。受験すればよほどのことがない限り合格できるはずです。

スポーツは、偏差値は45以上あれば合格ができると思いますが、約4分の3が推薦で合格するので一般入試は倍率によって難しくなります。スポーツでそれなりの実績があるか、能力があることも要求されるでしょう。

参考:福岡県高校入試情報
参考:筑後地区の公立高校偏差値一覧
参考:偏差値は参考程度
参考:通知表・内申点の仕組み
参考:公立高校志願倍率の仕組み
参考:第10学区の過去の倍率

平成31年度の定員・実質倍率

平成31年度の志願状況は以下の通りです(カッコ内は昨年度)。

普通科

  • 入学定員  :100人
  • 合格内定  :24人
  • 一般合格枠 :76人
  • 一般受験者 :73人
  • 一般倍率  :0.96倍
  • 難易度昨年比:同じ

定員100名に対し24名の内定者がいるので一般入試では76名が合格できます。

中間発表後に志願者が4名増え97名になりました。

一般入試は志願者97名から内定者を引いた73名が受験予定なので、実質倍率は0.96倍(不合格になるのは0名)です。

倍率が1倍を下回ったので、過去の入試結果を考えると内申点に問題がない限り合格の可能性が高いです。

スポーツ文化コース

  • 入学定員  :60人
  • 合格内定  :49人
  • 一般合格枠 :11人
  • 一般受験者 :73人
  • 一般倍率  :0.96倍
  • 難易度昨年比:同じ

定員60名に対し49名の内定者がいるので一般入試では11名が合格できます。

中間発表後に志願者が3人減り60名になりました。

一般入試は志願者60名から内定者を引いた11名が受験予定なので、実質倍率は1.00倍(不合格になるのは0名)です。

コースがコースなので、内申点に問題がなければ合格できるはずです。

合格最低点・ボーダー目安

2019年度は倍率が1倍を下回ったので、よほどのことがない限り合格できるはずです。

学校情報

学校情報について書いておきます。

特進コース

H29年度の入学制から、スポーツ文化コースと総合コースによる「特進コース」が新設されたみたいです。

カヌー部

カヌー部があるみたいです。

H29年8月に山梨で開催されたインターハイで男子総合5位、200Mカヤックシングルで準優勝、そのほか入賞者が多数いるみたいです。

部活

  • カヌー
  • サッカー
  • 野球
  • ソフトボール
  • 水泳部
  • 陸上部
  • バレーボール
  • バスケットボール
  • バドミントン
  • 卓球
  • テニス
  • 剣道
  • 和太鼓
  • 書道
  • 吹奏楽
  • 調理
  • 弁論
  • 情報クラブ
  • 美術
  • 茶華道
  • ボランティア

所在場所

三潴高校」は福岡県久留米市城島町城島59-1にあります。大牟田線大善寺駅からバスで15分、犬塚駅から自転車で13分らしいので、電車通学をするとなるとかなりアクセスしにくいと思います。

[map address="福岡県久留米市城島町城島59-1" width="100%" height="300px" theme="三潴高校" class="dp-light-border-map dp-map-centered" zoom="15" draggable="true" controls="true"]

在校生数

H29年5月現在の在籍生徒数(左男子・右女子)は以下の通りです。

普通コース

  • 1年:51名・57名
  • 2年:42名・42名
  • 3年:69名・39名
  • 合計:162名・138

スポーツ文化コース

  • 1年:37名・22名
  • 2年:30名・10名
  • 3年:30名・10名
  • 合計:36名・20

※H30年は高校HPで確認できません。

進路・就職実績

4年制大学への進学はまだ少ないみたいですが、九州大学・九州工業大学に合格している人も中に入るみたいです。

特進コースができたことで今後は少しずつ大学合格者数も増えてくると思います。

アスリートコースがあるということもあり、医療系の専門学校に進学をする人も多いようです。