第7・8・9・10学区偏差値・内申点

筑後地区の偏差値・内申点・目標点を書いているページです。

各高校をクリックすると定員・実質倍率等入試詳細データを見ることができます。

私立高校について知りたい方は「福岡県私立高校入試情報」を参考にしてください。授業料無償化や私立高校入試の現実についても簡単に書いています。

目次

  1. 筑後地区の偏差値50以上の公立高校
  2. 筑後地区の偏差値49以下の公立高校
  3. 筑後地区の高校
  4. 偏差値について
  5. 大学進学を考えている人
  6. 受験情報

偏差値50以上の公立高校

高校名 偏差値 内申点 目標点
明善  65  38  240
久留米  57  34  210
伝習館  55  36  205
久留米商  53  30  190
八女  53  30  190
朝倉  51  30  185
小郡  51  29  185
八女工業  50  30  180

トップ校受験対策 
⇒ 中堅校受験対策

偏差値49以下の公立高校

高校名 偏差値 内申点 目標点
山門  48  28  170
三池  47  30  160
南筑  47  29  165
福島  47  24  165
筑水  46  27  160
あり新世  45  28  155
朝倉東  44  27  150
三池工業  43  24  145
浮羽工業  42  24  140
八女農業  41  24  135 
大牟田北  –  –  –
朝倉光陽  –  –  –
浮羽究真  –  –  –
大川樟風  –  –  –
三潴  –  –  –
三井  –  –  –
三井中央  –  –  –

公立高校受験準備

筑後地区の高校

明善高校が群を抜いて合格するのが難しいです。ネットで検索をすると明善の偏差値が69となっていましたが、実際にはそこまでの偏差値は不要で、偏差値65以上あれば合格している人が多くいます。

偏差値が65前後あれば後は内申点と過去問対策、本番に強いか弱いかで合否が分かれるでしょう。

久留米商業がものすごく人気が高く、偏差値も商業高校としてはものすごく高いです。

倍率が低く偏差値や内申点の評価が難しい高校も意外と多いので、選ばなければ公立高校へ進学できる可能性はものすごく高いです。

それぞれの高校に特徴があるので、先輩などから高校の雰囲気を聞いて自分に合いそうなところをしっかりと探しておきましょう。

偏差値について

上記の偏差値はステップUPが独自に計算した筑後地区の偏差値です。上記の偏差値が取れれば7割がた合格ができるはずです。

目標点は平均点が180点だった場合を想定して書いています。トップ校を抜かし、平均点が160点のときは、目標点が15点前後下がると予想されます。

他のネット上でUPされている偏差値とこのサイトでUPしている偏差値はかなり異なりますが、下位合格者の偏差値を調べる限りこのサイトに書かれてある偏差値があれば合格の可能性は十分あると思ってかまいません。

ただし、合格できるかどうかは入試本番や内申点が影響します。表記されている偏差値以上であっても不合格になることはありますし、以下であっても合格する場合はあります。偏差値は単なる目安だと思ってください。

偏差値を気にするのではなく過去問の合格最低点との差を気にする方が、より合否の可能性を判断しやすいです。

参考:前日の過ごし方
参考:直前対策
参考:成績が伸びない人の特徴
参考:通知表・内申点のしくみ

大学進学を考えている人

大学進学を考えている人は高校の合格実績を確認してください。

周りの環境に左右されてしまう人は合格実績が芳しくない高校に進学してしまうと名前を書けば合格できるような大学にしか進学できなくなる可能性もあります。

逆に周りの環境に左右されない自信のある人は、勉強に縛られず比較的自由に過ごすことができる高校を選んでもよいと思います。

もし私が受験生なら、3年間勉強漬けの生活を送るのは嫌なので、普通科しかない高校を選ばず総合学科や特徴のある学科を設置している高校を選ぶと思います。

受験情報

受験生の高校選びの参考になるように筑豊地区の公立高校を受験した人の情報をお待ちしております。

提供しても良いという方がいましたらよろしくお願いします。

参考:入試の教科別及び総合得点開示請求