宗像高校についての詳細情報をまとめています。

偏差値・内申点

どれくらいの偏差値で合格できるかの判断が難しいです。

受験者の8割以上が偏差値57以上です。57以上の受験生だけの合格率を見ると例年9割前後になります。

偏差値57以下で受験する人の合格率は5割前後になります。その合格者の大半が偏差値55・56なので、54以下で合格する人はほとんどいないと思って構わないでしょう。

下位合格者は偏差値51程度、上位合格者は67程度と差がありすぎます。ただし、下位合格者はスポーツ推薦の可能性が高いです。

合格者の大半が内申点が32以上ですが、倍率が少ないこともあり内申点が27・28でも合格してしまう人もいます。27以上あれば内申点は気にしないでよいと思います。

受験者層と倍率の低さから、宗像高校より偏差値が低い高校よりも合格最低点が低くなることも考えられます。

内申点が高ければ偏差値54でも十分合格の可能性があると思います。

参考:福岡県高校入試情報
参考:福岡地区の公立高校偏差値
参考:偏差値は参考程度
参考:通知表・内申点の仕組み
参考:公立高校志願倍率の仕組み
参考:第4学区の過去の倍率

H31年度志願確定後難易度

平成31年度の志願状況は以下の通りです。カッコ内は昨年度。

  • 入学定員  :320(320)人
  • 合格内定  :119(122)人
  • 一般合格枠 :201(198)人
  • 一般受験者 :269(197)人
  • 一般実質倍率:1.34(0.99)倍
  • 難易度   :超難化

定員320名に対し119名の内定者がいるので一般入試では201名が合格できます。

中間発表後、志願者が9名減り388名になりました。

一般入試は受験者388名から内定者を引いた269名が受験するので、実質倍率は1.34倍(不合格になるのは68名)です。

平成30年度から中学から進級してくる子が増えたことで内定者が100名を超えるようになりました。

宗像高校は受験生のレベルが高くその大半が偏差値57以上です。

昨年度は倍率が1倍を下回ったこともあり、かなり合格しやすくなりました(偏差値40台でもほぼ合格できていた)が、本年度は例年通りの倍率に戻りました。

安定して偏差値56以上を取れていなければ合格は難しくなると思います。

合格最低点・ボーダー目安

2019年度は

180点が平均点であれば210点前後

160点が平均点であれば185点前後

内申点は32

が目安になると思います。

対策

在籍している生徒の能力の割に偏差値が低くいので低い点数でも合格ができてしまいます。200点より低くても合格できてしまうかもしれません。

しかし、200点以下で合格してしまった人は入学後に苦労するはずです。220点以上を目指して勉強をすることを勧めます。

細かい対策は↓を参考にしてください。

中堅校受験対策

学校情報

第4学区の中では福岡高校と同じくらい生徒の雰囲気が良いという感じを受けます。

偏差値が低くても合格できる可能性が高い公立高校です。

普通であれば「自分の能力を超えた高校を選ばないほうがいい」というのですが、宗像高校に限って言えば、多少実力が低くても進学した方がいいと思います。学校の雰囲気が良いので、中学時代の成績から考えれば、西南・福大に入れないような実力の人でも、西南・福大に合格ができるようになる可能性がでてきます。

電気物理学部が世界大会に出場など目立っていますが、それ以外はあまり目立っていないみたいです。

生徒の1割前後が現役で福岡教育大学、九大・熊大などの難関大学にも生徒の1割、中堅国公立を含めればおよそ5割が現役で合格しています。

管理教育がなされているようです。しかし、他の管理教育をしている高校よりも先生が生徒と本気で向き合っている度合いが高く、うまく機能しているみたいなので、現時点では問題ないと思います(今、国全体で行われている教育改革により、今後はどうなるかわからない)。合格実績からも、噂通りの素晴らしい高校だと思います。

受験期は四塚会館があるので、周りに人がいても気にならない人であれば勉強場所に困ることはないはずです。

校則を厳しいと感じる人はいない、ということしか聞いたことがありません。

中高一貫になり現在(平成28年4月)の中学2年生は宗像高校へ無試験で進学することができます。宗像中学校の教育が何を目指しているのかは現時点で把握できないことの方が多いですが、2年後が楽しみです。

私も驚いているのですが、宗像高校が新宮高校よりも偏差値が低くなってしまいました。偏差値が高い人が占める率は宗像高校の方が多いのですが、立地の悪さにより倍率が下がり、偏差値が低くても合格できてしまう人がいることが原因です。

部活

  • 野球部
  • サッカー部
  • ラグビー部
  • バレーボール部
  • バスケットボール部
  • ソフトテニス部
  • テニス部
  • ハンドボール部
  • 卓球部
  • 陸上競技部
  • 水泳部
  • 弓道部
  • 剣道部
  • 空手部
  • 山岳部
  • 総合運動文化部
  • 電気物理部
  • 美術部
  • 吹奏楽部
  • 茶華道部
  • 放送部
  • ホームメイキング部

所在場所

宗像高校」は福岡県宗像市東郷6丁目7-1にあります。

アクセスがかなり悪いです。歩くのが早い人でも高校の最寄駅であるJR東郷駅から20分はかかると思います。

[map address="福岡県宗像市東郷6丁目7-1" width="100%" height="300px" theme="宗像高校" class="dp-light-border-map dp-map-centered" zoom="15" draggable="true" controls="true"]

在校生数

平成30年度の在校生数は高校HPに公開していないので分かりません。

今年度どれくらいの合格者がでたのか気になるところだったので、UPしてもらいたかったです。

H29年5月現在の在籍生徒数(左男子・右女子)は以下の通りです。

  • 1年:172名・148名
  • 2年:164名・154名
  • 3年:186名・132名
  • 合計:522名・434

合格実績

大学の合格実績についてまとめています。

平成30年度はかなり実績が悪くなっています。

中高一貫で入学した生徒たちが実績を出すまでこの状況はどうにもならないかもしれません(高校が悪いわけではなく、志願倍率が低いことが原因である可能性が高いと思います)

国立大学

国立大学に合格している人の3分の1は浪人生です。現役で国立大学に合格している人は見た目よりもかなり少ないです。

大学名九州大学大阪大学北海道大学九州工業大学福岡教育大学福岡女子大学北九州市立熊本大学長崎大学佐賀大学大分大学鹿児島大学宮崎大学公立大学合計国立大学合計国公立合計
H307(1)0016(4)20(4)622(7)8(3)12(4)15(4)4(3)3(1)3(2)40(8)103(33)143(41)
H2917(7)0018(6)16(6)421(1)10(6)10(1)17(5)5(1)6(2)5(1)44(2)124(44)168(46)
H2718(8)32(1)17(6)29(3)9(3)30(3)11(4)11(4)9(1)113(4)2(1)196(47)

私立大学

浪人生で西南・福大に合格している人がかなり多いです。

普通の進学校ならば、浪人生が西南・福大を受験することはあまりないのですが、宗像高校は上位合格者と下位合格者の差がありすぎるのでこのような結果になっていることが予想されます。

ただ、それにしてもここまで浪人生の合格が多いのは他の高校では見られません。

30年度の福大は現役生よりも浪人で合格している人のほうが多くなっています。こんなのは見たことがありません。

大学名西南学院大学福岡大学中村学園大学九州産業大学福岡工業大学久留米大学立命館APU早稲田大学慶応大学上智大学明治大学青山学院大学立教大学中央大学法政大学同志社大学立命館大学関西学院大学関西大学
H3064(20)137(76)32(7)34(17)30(15)2(1)0000110103(2)16(9)20
H2962(32)99(36)12(4)22(4)不明210000006(6)1(1)11(9)32(32)3(3)1
H2760(22)90(49)15(3)12(1)不明5(2)01(1)006(6)01(1)1(1)1(1)8(8)27(27)5(4)6(6)