八女学院高校

八女学院高校に関連する内容を簡単にまとめました。

目次

  • 偏差値・ボーダー
  • 入試情報(受験料・定員等)
  • 英語の対策
  • 所在場所
  • 納入金・授業料
  • 合格実績
  • その他

他の筑後地区私立高校については以下のページを参考にしてください。

参考:筑後地区の私立高校

偏差値・ボーダー

学科(コース)ごとに分けて目標偏差値・ボーダーを簡単に書いておきます。

スーパー選抜

かなりハイレベルです。偏差値65以上が安全ラインです。

合格者の多くが、「明善高校」に合格しているので実際に八女学院に入学する人は20名の定員よりも下回ることもあります。

選抜

偏差値40台では合格は難しいです。55以上が合格目安です。

選抜合格者の中には明善を受験している人もいますが、その大半が明善に不合格になっています。

ワンランク下げて「伝習館高校」「八女高校」を受験している人はほぼ合格しています。

特進

偏差値50以上が合格の目安です。

合格者の大半が「久留米高校」「八女高校」を受験し合格しているので、実際に特進に入学する人はかなり少ないみたいです。定員70名を満たすこともほとんどないみたいです。

進学

全入状態です。

偏差値40以上あれば不合格になることは、よほどのことがない限りあり得ないと思います。 

入試情報(受験料・定員等)

入試関連の情報をまとめています。

受験料

10,000円

定員(合計160名)

定員は以下の通りです。

  • スーパー:20名
  • 選抜  :30名
  • 特進  :70名
  • 進学  :40名

受験者数

受験者数はそれなりにいるみたいですが、地域柄多くが公立高校に合格してしまうので実際に入学する人は定員を満たさないことが多いみたいです。

指定校推薦枠

関西学院10名、福大8名、東京理科・立命・西南学院に各2名の推薦枠があるみたいです。

8年間の合格実績を見る限り、関西学院の枠を利用している人があまりいないみたいなので、関西学院に合格できればいいと思っているのであれば、学校で真面目に勉強をして推薦枠をもらえば楽に大学に合格できるはずです。

ただし、指定校推薦で合格することは個人的には進めません。

参考:指定校推薦で大学にするリスク

英語の対策

準備中

所在場所

八女学院高校」は福岡県八女市本村杉町425にあります。最寄り駅はJRの「犬塚駅」でそこから20分ほどかかるみたいです。西鉄「久留米駅」からはバスで30分かかるそうです。

スクールバスがJRの久留米駅、西鉄柳川、大川市役所から出ているみたいです。それに乗り遅れたらどうなるのでしょうかね?

遠方から通う予定の人はどれくらい通学に時間がかかるかオープンスクールなどに行って確認すべきだと思います。

納入金・授業料

学校に支払う納入金について簡単にまとめています。

入学時納入金

  • 入学申込金 :20,000円
  • 学院振興費 :130,000円
  • 振興会入会金:10,000円

月額校納金

校納金をまとめておきます。

  • 授業料  :22,000円
  • 施設費  :8,000円
  • 教育充実費:5,000円
  • その他  :1,950円
  • 合計   :36,950

これ以外に、修学旅行積立金などが必要になります。

また、入学時に制服・カバンなどの費用が11万円程度かかるみたいです。

特待制度

スーパー選抜コースは学院振興費(13万円)、月額2万円(就学支援金を差し引く)、その他1・2学年末に10万円の給付がもらえる可能性もあります。

合格実績

高校のHPでは2010年から2017年の8年間の合格実績をまとめて載せています。見る限り、中高一貫校(選抜20名程度、一貫100名が定員)と合わせたものみたいです。

8年間で合計239名が主要国立大学に合格しているみたいです。

主要国立大学では九大が29名、九工大が19名、熊大が28名、大阪大学に6名が合格しています。

なお、西南は8年間で196名、福大は415名の合格者を出しています。