伝習館高校

伝習館高校についての詳細情報を以下の順にまとめています。

  1. 偏差値・内申点
  2. 定員・実質倍率
  3. 学校情報
  4. 合格実績
  5. 部活

偏差値・内申点

偏差値55~60台中盤が受験者の大多数です。

偏差値61以上になると9割以上が合格しています。

偏差値55~60だと7割が合格しています。

偏差値54以下になると極端に合格者が減ります。偏差値54・55あたりを境に合格者より不合格者の方が多くなります。

合格者の内申点は36以上です。

偏差値55以上、内申36以上が受験をする目安になります。

私立併願先は柳川高校が大半で、次に目立つのが大牟田高校です。

柳川のスーパー特進に合格している人で伝習館に不合格になる人は見られませんが、特進にしか合格できていない人は不合格者も一定数います。ですので、柳川スーパー特進に合格できるかどうかが一つの目安になると思います。

場良いrつは1.1倍~1.3倍になることが多いです。

推薦入試で4分の1が内定しているので、倍率が1.3倍近くになった時は実質倍率は1.5倍以上になるはずなので、偏差値50台前半で合格するのはかなり厳しいと思います。

平均点が180点のときは205点前後が合格ラインになると思います。

参考:筑後地区の公立高校偏差値一覧
参考:福岡県公立高校入試情報
参考:通知表・内申点の仕組み

定員・実質倍率

定員・実質倍率を書いています。「難易度」は同高前年比です。

  • 入学定員  :200人
  • 合格内定  :52人
  • 一般合格枠 :148人
  • 一般受験者 :167人
  • 一般倍率  :1.13
  • 昨年実質倍率:1.34倍
  • 難易度   :易しい

H29年度

推薦入学の合格者枠は40人程度とされていました。実際に合格したのは54人中52人(1.04倍)です。

200人の定員から内定者の52人を引いた148人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が222人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.15倍(148/170)です。数字上は22人が不合格になります。

変更で受験者数が3人減り受験者数が219人になりました。昨年度より実質倍率が0.21倍減りました。

H28年度

定員200人に対し、志願者数251人(変更前255人)。名目倍率1.26倍、内定者(52人)を除いた実質倍率は1.34倍でした。

参考:公立高校志願倍率の仕組み

学校情報

西暦1824年に創立されており、もうすぐ200を迎えます。

在校生数

H29年5月現在の在籍生徒数(左男子・右女子)は以下の通りです。

  • 1年:86名・114名
  • 2年:84名・114名
  • 3年:90名・108名
  • 合計:260名・336

所在場所

伝習館高校」は福岡県柳川市本町142にあります。

 

合格実績

入学定員が200名ということを考えたら国立の合格実績はかなりすごいです。

伝習館に進学してくる生徒たちは偏差値50台後半くらいが多いので、その学力からこれだけの国立大学合格者を出すのはあまり例を見ません。

国立大学

佐賀大学の合格者数が若干目立ちますが、それでも九大・熊大、中には東大・阪大・京大にも合格する人がいます。学校全体の雰囲気が受験意識が強くなければここまでの成績は出せないと思います。

大学名九州大学東京大学京都大学大阪大学北海道大学東北大学名古屋大学九州工業大学福岡教育大学福岡女子大学北九州市立熊本大学長崎大学佐賀大学大分大学鹿児島大学宮崎大学国立大学合計
H29121010003521151425630108
H2816000000472418826031105

私立大学

大学名西南学院大学福岡大学久留米大学早稲田大学慶応大学上智大学明治大学青山学院大学立教大学中央大学法政大学同志社大学立命館大学関西学院大学関西大学
H29119168不明3108202092346
H28871561711032022132940

部活

  • ソフトテニス
  • 剣道
  • 野球
  • 卓球
  • 弓道
  • バレーボール
  • バドミントン
  • バスケットボール
  • サッカー
  • 硬式テニス
  • 陸上
  • 演劇
  • 生物
  • 美術
  • 茶華道
  • 書道
  • 家庭
  • 化学
  • 吹奏楽
  • 弁論放送
  • 語学