築上西高校

築上西高校についての詳細情報を以下の順にまとめています。

  1. 偏差値・内申点
  2. 定員・実質倍率
  3. 学校情報
  4. 進路実績

偏差値・内申点

偏差値が39以上あればほぼ確実に合格できるようです。

このレベルになると偏差値がどうのこうの考えるより1科目でも2科目でもいから好きな科目を30点以上取れるように頑張ってください。そうすれば合格できます。

合格者の内申点は半数がが20台前半です。10台でも合格している人も中にはいるみたいです。

ボーダー

全入状態なので何点がボーダーラインか分かりません。平均点が160点くらいなら、内申点次第ではありますが100点でも合格できる可能性があるかもしれません。

不合格になっている人は素行不良が原因だと思います。

もし、倍率が1倍を上回ることになったら上記の点数では合格が難しくなります。

参考:北九州地区の公立高校偏差値一覧
参考:福岡県公立高校入試情報
参考:通知表・内申点の仕組み

定員・実質倍率

定員・実質倍率を書いています。「難易度」は同高前年比です。

  • 入学定員  :160人
  • 合格内定  :42人
  • 一般合格枠 :118人
  • 一般受験者 :110人
  • 一般倍率  :0.93倍
  • 昨年実質倍率:0.80倍
  • 難易度   :同じ

H29年度

推薦入学の合格者枠は36人程度とされていました。実際に合格したのは42人中42人(1.00倍)です。

160人の定員から内定者の42人を引いた118人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が152人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた0.93倍(118/110)です。数字上は0人が不合格になります。

昨年度の初回受験合格者数は122人だったので38人の追加募集が行われました。本年度は40人ほど追加募集されるはずです。

変更後も受験者数に変わりはありませんでした。昨年度同様、実質倍率が1倍を下回りました。

H28年度

定員160人に対し、志願者数136人(変更前120人)。名目倍率0.85倍、内定者(39人)を除いた実質倍率は0.80倍でした。

H27年度は名目倍率が1.27倍でした。

参考:公立高校志願倍率の仕組み

学校情報

どのような雰囲気の高校、ヤンキーが多いのではないか、いじめられないか、など不安に思う人は体験入学をして実際に在校生から話を聞くことを勧めます。

また、平日の登下校の時間に高校に行ってどのような生徒たちがいるのかを見るのも一つの手です。

在校生数

H29年5月現在の在籍生徒数(左男子・右女子)は以下の通りです。

  • 1年:93名・67名
  • 2年:77名・49名
  • 3年:70名・79名
  • 合計:240名・195

ハンドメイド部(ぬか床部)

定期的にお菓子作りもしたりしているみたいですが、ぬか床の管理をすることが主な活動とHPに書いてありました。

その活動はメディアにも取り上げられるくらい有名らしです。

百人一首

新春恒例の「百人一首かるた大会」が学校で行われているみたいです。

このような行事は生徒間の団結力をうむ機会になるので他の学校でも行えばいいと思います。

所在場所

築上西高校」は福岡県築上郡築上町椎田764にあります。JR「椎田駅」から徒歩4分のところにあるらしいので通いやすいと思います。

 

進路実績

大学に進学する人はほとんどいないみたいです(1割未満)。

専門学校進学と就職者が半々くらいのようです。