第1学区のの平成28年~30年度の定員・倍率

2016年~2018年度の第1学区の定員・倍率などをまとめています。

  1. 京都
  2. 育徳館
  3. 青豊
  4. 築上西

参考:北九州地区の公立高校偏差値一覧
参考:福岡県公立高校入試情報
参考:公立高校志願倍率の仕組み

 京都

京都高校」の過去の定員・実質倍率を書いています(カッコ内は前年度)。

2018年度

2018年度の志願状況等は以下の通りです。

  • 入学定員  :280(280)人
  • 合格内定  :46(52)人
  • 一般合格枠 :234(228)人
  • 一般受験者 :263(264)人
  • 一般倍率  :1.12(1.16)倍
  • 難易度   :ほぼ同じ

定員280名に対し46名の内定者がいるので一般入試では234名が合格できます。

中間発表後、志願者が5人減り309名になりました。

一般入試は受験者309名から内定者を引いた263名が受験するので、実質倍率は1.12倍(不合格になるのは29名)です。

名目倍率が1.09倍だった平成28年度は偏差値50以下でも合格の可能性が十分あったので、本年度もそれに近い状況になると思います。

2017年度

2017年度の志願状況等は以下の通りです。

推薦入学の合格者枠は40人程度とされていました。実際に合格したのは75人中52人(1.44倍)です。

280人の定員から内定者の52人を引いた228人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が325人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.20倍(228/273)です。数字上は45人が不合格になります。

変更で受験者数が9人減り受験者数が316人になりました。昨年度より実質倍率が0.05倍増えました。

2016年度

定員280人に対し、志願者数305人(変更前318人)。名目倍率1.09倍、内定者(45人)を除いた実質倍率は1.11倍でした。

一昨年度は名目倍率が1.15倍でした。

育徳館

育徳館高校」の過去の定員・実質倍率を書いています(カッコ内は前年度)。

2018年度は更新しませんでした。

2017年度

2017年度の志願状況等は以下の通りです。

  • 入学定員  :200人
  • 合格内定  :130人
  • 一般合格枠 :70人
  • 一般受験者 :34人
  • 一般倍率  :0.49倍
  • 昨年実質倍率:0.81倍
  • 難易度   :同じ

推薦入学の合格者枠は28人程度とされていました。実際に合格したのは28人中28人(1.00倍)です。

200人の定員から内定者の28人を引いた172人が一般入試の合格予定人数です。中間発表では中学生でそのまま進級する生徒を含めた130人が合格内定者になっていたので70人が一般合格枠です。

中間発表で受験者数が155人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた0.36倍(70/25)です。数字上は0人が不合格になります。

昨年度は初回受験合格者数が187人だったの13人の補充募集が行われました。おそらく本年度は50人近い補充募集がされるはずです。

変更で受験者数が9人増え受験者数が164人になりました。昨年度より実質倍率が0.32倍減りました。

中間発表前に書いた内容

育徳館高校は中高一貫校です。中学からエスカレーターで進学してくる生徒が110人前後はいるはずなので実際は140人くらいが内定しています。

仮にエスカレーターで進学してきても倍率が1倍を超えることはほとんどないので、実際はよほどのことがない限り不合格になることはないです。

2016年度

定員200人に対し、志願者数188人(変更前179人)。名目倍率0.94倍、内定者(138人)を除いた実質倍率は0.81倍でした。

一昨年度は名目倍率が0.97倍でした。

青豊高校

青豊高校」の過去の定員・実質倍率を書いています(カッコ内は前年度)。

2018年度は更新しませんでした。

2017年度

2017年度の志願状況等は以下の通りです。

  • 入学定員  :320人
  • 合格内定  :166人
  • 一般合格枠 :154人
  • 一般受験者 :187人
  • 一般倍率  :1.21倍
  • 昨年実質倍率:1.20倍
  • 難易度   :ほぼ同じ

推薦入学の合格者枠は128人程度とされていました。実際に合格したのは212人中166人(1.28倍)です。

320人の定員から内定者の128人を引いた154人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が346人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.17倍(153/179)です。数字上は26人が不合格になります。

※ 推薦合格で内定者166人とされていましたが、中間発表では167人に増えていました。

変更で受験者数が8人増え受験者数が354人になりました。昨年度より実質倍率が0.01倍増えました。

2016年度

定員320人に対し、志願者数347人(変更前352人)。名目倍率1.08倍、内定者(185人)を除いた実質倍率は1.20倍でした。

H27年度は名目倍率が0.93倍でした。

築上西高校

築上西高校」の過去の定員・実質倍率を書いています(カッコ内は前年度)。

2018年度は更新していません。

2017年度

2017年度の志願状況等は以下の通りです。

定員・実質倍率を書いています。「難易度」は同高前年比です。

  • 入学定員  :160人
  • 合格内定  :42人
  • 一般合格枠 :118人
  • 一般受験者 :110人
  • 一般倍率  :0.93倍
  • 昨年実質倍率:0.80倍
  • 難易度   :同じ

推薦入学の合格者枠は36人程度とされていました。実際に合格したのは42人中42人(1.00倍)です。

160人の定員から内定者の42人を引いた118人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が152人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた0.93倍(118/110)です。数字上は0人が不合格になります。

昨年度の初回受験合格者数は122人だったので38人の追加募集が行われました。本年度は40人ほど追加募集されるはずです。

変更後も受験者数に変わりはありませんでした。昨年度同様、実質倍率が1倍を下回りました。

2016年度

定員160人に対し、志願者数136人(変更前120人)。名目倍率0.85倍、内定者(39人)を除いた実質倍率は0.80倍でした。

H27年度は名目倍率が1.27倍でした。