小倉西高校

小倉西高校についての詳細情報を以下の順にまとめています。

  1. 偏差値・内申点
  2. 定員・実質倍率
  3. 学校情報
  4. 合格実績

偏差値・内申点

偏差値61以上であれば不合格になる可能性がほぼゼロです。

59以上の人だけを見ると、合格率は95%前後になります。

55~58の人だけを見ると70%前後が合格しているみたいです。

54以下の人だけを見ると、合格率は50%前後になります。

40台で合格している人も1~2%いますが、おそらく推薦入試で合格をしていると思われます。

合格者の大半が内申手36以上ですが、33でも合格している人が普通に見られます。

これらを考えると偏差値55、内申点33以上が受験するかどうかの目安になると思います。

私立併願は九州国際大学付属高校が多いですが、東筑紫学園を受験している人も一定数います。

倍率は1.4倍前後になることが多いです。

倍率が1.6倍になったら偏差値55で合格するのはかなり難しくなると思います。

ボーダー

180点の時は200点前後、160点の時は175点前後がボーダーになるはずです。

九国の特進に不合格になっている人が比較的不合格になる人が多いので、九国の特進に合格できるかどうかも一つの目安になるかもしれません。

参考:北九州地区の公立高校偏差値一覧
参考:福岡県公立高校入試情報
参考:通知表・内申点の仕組み

定員・実質倍率

定員・実質倍率を書いています。「難易度」は同高前年比です。

  • 入学定員  :240人
  • 合格内定  :60人
  • 一般合格枠 :180人
  • 一般受験者 :254人
  • 一般倍率  :1.41倍
  • 昨年実質倍率:1.48倍
  • 難易度   :若干易しい

H29年度

定員が200名から240名に増加。

推薦入学の合格者枠は48人程度とされていました。実際に合格したのは63人中60人(1.05倍)です。

240人の定員から内定者の60人を引いた180人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が316人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.42倍(180/256)です。数字上は76人が不合格になります。

変更で受験者数が2人減り受験者数が314人になりました。昨年度より実質倍率が0.07倍減りました。

H28年度

定員200人に対し、志願者数273人(変更前274人)。名目倍率1.37倍、内定者(48人)を除いた実質倍率は1.48倍でした。

参考:公立高校志願倍率の仕組み

学校情報

学校情報についてまとめています。

在校生数

H29年5月現在の在籍生徒数(左男子・右女子)は以下の通りです。

  • 1年:106名・135名
  • 2年:82名・114名
  • 3年:167名・120名
  • 合計:255名・369

所在場所

小倉西高校」は福岡県北九州市小倉北区下到津5丁目7-1にあります。JR「南小倉駅」から徒歩15分です。

 

合格実績

H29年度から定員が240人に増えましたが、以下の結果は定員が200名の時のものです。

国立大学

北九州市立大学の合格者で国公立合格者数を稼いでいます。

九大に合格する人も数年に1人くらいでるみたいですが、合格者の一定数は偏差値60以上もいるのでもう少し実績が良くても良いような気がしないでもないです。偏差値60台後半で、周りに流されてしまうタイプの人が九大を本気で目指そうとしている人は他の高校に進学したほうがいいかもしれません。

ただし、入学時の偏差値が50台中盤の生徒が多い中、しっかりと公立高校に合格させているところはすごいと思います。

大学名九州大学東京大学京都大学大阪大学九州工業大学福岡教育大学福岡女子大学北九州市立熊本大学長崎大学佐賀大学大分大学鹿児島大学宮崎大学国立合計公立合計国公立合計
H2910007(2)3044(1)03232139(2)64(2)103(4)
H27000091326212111不明不明不明
H26000050027362112不明不明不明
H25100070119315850不明不明不明

私立大学

合格者の大半が偏差値50以上

大学名西南学院大学福岡大学中村学園大学九州産業大学久留米大学立命館APU早稲田大学慶応大学上智大学明治大学青山学院大学立教大学中央大学法政大学同志社大学立命館大学関西学院大学関西大学
H292563不明不明不明不明20001001(1)2623
H271365不明6不明不明不明不明不明不明1不明不明不明1212
H263333不明不明不明不明不明不明不明不明1不明不明不明121不明
H252139不明16不明不明不明不明不明不明1不明不明不明不明321