小倉東高校

小倉東高校についての詳細情報を以下の順にまとめています。

  1. 偏差値・内申点
  2. 定員・実質倍率
  3. 学校情報
  4. 合格実績

偏差値・内申点

合格者の多くが偏差値50以上、内申点29以上です。中には偏差値60以上で合格している人もいます。

偏差値47以上だと90%前後の人が合格しています。

46以下の人だけを見ると合格率は15%前後になります。

偏差値43~46で合格している人は、内申点が31以上あります。

これらを考えると偏差値47以上なら内申点29、46以下になると内申点31は必要になると思います。

倍率は1.1倍~1.3倍です。

推薦入試で合格する人が4分の1以上なので、偏差値50以下の人が一般入試で受験する場合は中間発表の倍率をしっかりと確認してください。倍率が高くて合格するのが難しいと思った場合、どうしても公立に進学しなければならない人はワンランク下げたほうがいいかもしれません。

私立併願先は九国を抜かせば、常盤・敬愛・東筑紫学園が目立ちます。九国の進学、常盤の特進に不合格になっていても小倉東に合格している人がいます。

ボーダー

平均点が180点ならば165点、160点ならば140点前後が合格ボーダーになると思います。

参考:北九州地区の公立高校偏差値一覧
参考:福岡県公立高校入試情報
参考:通知表・内申点の仕組み

定員・実質倍率

定員・実質倍率を書いています。「難易度」は同高前年比です。

  • 入学定員  :200人
  • 合格内定  :65人
  • 一般合格枠 :135人
  • 一般受験者 :159人
  • 一般倍率  :1.18倍
  • 昨年実質倍率:1.33倍
  • 難易度   :易しい

本年度

推薦入学の合格者枠は50人程度とされていました。実際に合格したのは70人中65人(1.08倍)です。

200人の定員から内定者の65人を引いた135人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が213人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.10倍(135/148)です。数字上は13人が不合格になります。

変更で受験者数が11人増え受験者数が224人になりました。昨年度より実質倍率が0.15倍減りました。

昨年度

定員200人に対し、志願者数247人(変更前243人)。名目倍率1.24倍、内定者(58人)を除いた実質倍率は1.33倍でした。

参考:公立高校志願倍率の仕組み

学校情報

学校情報についてまとめています。

在校生数

H29年5月現在の在籍生徒数(左男子・右女子)は以下の通りです。

  • 1年:100名・100名
  • 2年:101名・98名
  • 3年:112名・87名
  • 合計:313名・285

所在場所

小倉東高校」は福岡県北九州市小倉南区田原5丁目2-1にあります。JR「下曽根」駅から徒歩20分です。

 

合格実績

小倉南・西と比べると、偏差値40台でも合格できてしまう高校なので仕方ないといえば仕方ないのかもしれませんが、定員が少ないこと、高校入学時の偏差値を考えても見劣りしてしまいます。

国立大学

平成29年は佐賀大1名、長崎大2名、山口大4名。北九州市立大学8名、その他公立4名とありました。

平成28年は九工大、佐賀大、大分大、琉球大各1名。北九州市立大14名、その他公立2名とありました。

私立大学

偏差値50台で入学してくる生徒の割合から考えると西南・福大の合格者数が少ないです。

一般入試で西南・福大に合格させることに力を注げばもう少し合格実績が良くなると思います。福岡市内で同程度の偏差値の公立高校なら西南の合格者が1桁ということは考えられませんし、福大の合格者数が100名に程遠いということも考えられません。

大学名西南学院大学福岡大学中村学園大学九州産業大学福岡工業久留米大学立命館APU早稲田大学慶応大学上智大学明治大学青山学院大学立教大学中央大学法政大学同志社大学立命館大学関西学院大学関西大学
H291412不明不明571100000002201
H28173282030000000002000