南筑高校についての詳細情報をまとめています。

偏差値・内申点

南筑は推薦で100人くらい内定者を出すので、一般入試の実質倍率はかなり高くなります。

しかし、受験者の大半が偏差値40台なので、一般入試であっても偏差値が47以上あれば、よほどのことがなければ(内申点が極端に悪かったり倍率が極端に高くなったり)、結果を見る限り不合格になることはないと思います。

偏差値40台前半で合格している人も多いですが、その相当数が推薦で合格をしているのかもしれません。

一般入試で合格する人の多くが内申点29以上です。

偏差値45以上、内申29が目安になります。

私立併願先は「祐誠高校」が多くを占めます。

参考:福岡県高校入試情報
参考:筑後地区の公立高校偏差値一覧
参考:偏差値は参考程度
参考:通知表・内申点の仕組み
参考:公立高校志願倍率の仕組み
参考:第8学区の過去の倍率

平成31年度の定員・実質倍率

平成31年度の志願状況は以下の通りです。カッコ内は昨年度。

  • 入学定員  :240(240)人
  • 合格内定  :94(94)人
  • 一般合格枠 :146(146)人
  • 一般受験者 :204(238)人
  • 一般倍率  :1.40(1.63)倍
  • 難易度昨年比:かなり易化

定員240名に対し94名の内定者がいるので一般入試では146名が合格できます。

中間発表後、志願者が2人増え298名になりました。

一般入試は志願者332名から内定者を引いた204名が受験予定なので、実質倍率は1.40倍(不合格になるのは58名)です。

受験者の8~9割が偏差値50未満なので倍率は高いですが合格するのは難しくありません。

倍率も昨年度と同じなので、偏差値45以上あれば合格の可能性は高いと思います。

合格最低点・ボーダー目安

2019年度は

平均点が180点であれば145点前後

平均点が160点であれば125点前後

内申点は29

が目安になると思います。

例年だと内申点が20台前半・偏差値40台前半くらいだと不合格になっているみたいですが、本年度は可能性はゼロではないと思います。

学校情報

H28年4月からスポーツキャリアコースが新設されました。

部活

  • 野球
  • 柔道
  • 剣道
  • 陸上
  • バレーボール
  • ソフトテニス
  • 弓道
  • バスケットボール
  • サッカー
  • バドミントン
  • ソフトボール
  • 華道
  • 茶道
  • 吹奏楽
  • 書道
  • 美術
  • 演劇
  • 写真
  • 太鼓
  • ダンス
  • 家庭クラブ
  • 軽音楽
  • 相撲同好会
  • パソコン同好会
  • 英会話同好会
  • 合唱同好会

軽音楽部

軽音楽部はH29年から同好会から部に昇格されたみたいです。オリジナル曲も作成し全国大会にも出場したとHPにありました。

ひまわり少女

花/NOWing

所在場所

南筑高校」は福岡県久留米市御井町1360-5にあります。

[map address="福岡県久留米市御井町1360-5" width="100%" height="300px" theme="南筑高校" class="dp-light-border-map dp-map-centered" zoom="15" draggable="true" controls="true"]

在校生数

不明です。

進路実績

進路実績国公立大学への合格者は直近6年は1名~6名になっています。

西南は1名か2名、福大は6名ほど合格者がでるみたいです。

大学・短大への延べ合格者数は140~160名になることが多いみたいです。

専門学校への合格者数が80名程度になることが多いみたいです。

就職は公務員合格者を含め40~50名になることが多いみたいです。

H30年度は佐賀大学2名、長崎大学1名、国立合計で7名、早稲田大学1名、西南1名、福大18名が合格しています。