小郡高校

小郡高校についての詳細情報を以下の順にまとめています。

  1. 偏差値・内申点
  2. 定員・実質倍率
  3. 学校情報
  4. 合格実績
  5. 部活

偏差値・内申点

受験者層は偏差値47~58です。偏差値55以上になるとほぼ確実に合格します。

偏差値50以上の受験者だけを見ると8割以上が合格しています。偏差値51~54の受験生だけに着目しても7割以上が合格しています。

受験者の大半が内申26~32です。

これらを考えると偏差値51以上、内申29が受験の目安になるでしょう。

私立の併願先は九産大・筑陽学園・祐誠が目立っています。

倍率は例年1.3倍前後になるのですが、2015年3月入試(H27度入試)は1.5倍を超えました。2015年は例年より合格が難しかったはずです。

平均点が180点の時、180点前後が合格ラインになると思います。

参考:筑後地区の公立高校偏差値一覧
参考:福岡県公立高校入試情報
参考:通知表・内申点の仕組み

定員・実質倍率

  • 入学定員  :240人
  • 合格内定  :46人
  • 一般合格枠 :194人
  • 一般受験者 :275人
  • 一般倍率  :1.42倍
  • 昨年実質倍率:1.38倍
  • 難易度   :同じ

H29年度

推薦入学の合格者枠は36人程度とされていました。実際に合格したのは55人中46人(1.20倍)です。

240人の定員から内定者の46人を引いた194人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が315人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.39倍(194/269)です。数字上は75人が不合格になります。

変更で受験者数が6人増え受験者数が321人になりました。昨年度より実質倍率が0.04倍増えました。

H28年度

定員240人に対し、志願者数316人(変更前307人)。名目倍率1.32倍、内定者(40人)を除いた実質倍率は1.38倍でした。

一昨年度は名目倍率が1.54倍でした。

参考:公立高校志願倍率の仕組み

学校情報

H28年3月に卒業した人の4年制大学へ進学割合は約66%です。専門学校・短大への進学は約25%になっています。

在校生数

  • 1年:128名・112名
  • 2年:97名・141名
  • 3年:94名・141名
  • 合計:319名・394

所在場所

小郡高校」は福岡県小郡市三沢5128番地1にあります。

 

合格実績

国公立・私立大学の合格実績です。カッコ内は過年度生です。

H29年の最新実績が学校のHP上では公開されていないので分かりません。

また、同志社・立命などに合格している人は数名いるみたいですが、関東・関西の私立大学の合格実績は公表していないみたいです。

国公立

国公立への合格者数は5%前後のようです。

大学名九州大学東京大学京都大学大阪大学北海道大学東北大学名古屋大学九州工業大学福岡教育大学福岡女子大学北九州市立熊本大学長崎大学佐賀大学大分大学鹿児島大学宮崎大学国立大学合計
H29
H2800000002(1)203001(1)00013(3)
H271(1)000000030111301012(1)
H26100000011132011(1)0014(3)

私立

西南・福大の合格者数はどうなのでしょうか、重複合格者を考えると、H27・8年は福大以上の私立大学に合格できている実人数は50名前後だと思います。

大学名西南学院大学福岡大学中村学園大学九州産業大学久留米大学立命館APU
H29
H284296(4)1448(2)54(1)0
H2736(3)110(9)1554581
H2670(1)134(6)1028871

部活

  • 陸上競技
  • テニス
  • バレーボール(女子)
  • バスケット
  • サッカー
  • 野球
  • 剣道
  • ラグビー
  • 柔道
  • ソフトボール
  • 総合
  • 放送
  • 吹奏楽
  • 美術
  • 書道
  • 茶道
  • 郷土研究