福岡大学(理学部)

福岡大学の理学部について以下の順にまとめています。

  1. 注意事項
  2. 応用数学
  3. 社会数理・情報インスティテュート
  4. 物理科学
  5. 物理科学ナノ
  6. 化学科
  7. 化学科ナノ
  8. 地球圏科学
  9. 理学部について

参考:一般前期入試
参考:系統別
参考:センタープラス
参考:センター利用Ⅰ・Ⅱ
参考:A方式推薦入試

最新の志願状況が確定次第、その年度の難易度を推測して更新します。

受験することが確定している状況で難易度を知ったところで受験生には関係ないことだと思います。

しかし、たとえ不正確な数字でも難易度がどうなるのか知りたいという受験生もいるみたいなので書くことにしました。

単なる推測なので予測は当たらないという前提で読むようにしてください。

問題の難易度によって合格最低点は大きく変わるので、過去の入試結果との比較がそもそもできませ。数字はあくまでも参考程度にしてください。

注意事項

H29年度まで、一般前期入試では応用数学と社会数理の募集人員は2つ合わせて34人でした。H30年度入試から29名と5名に分けて募集されるようになりました。

社会数理、物理インスティテュート、化学インスティテュートは募集人員を「-」にしているところがありますが、くくりで募集人員が決まっているからです。

受験生なら特に触れる必要もないと思いますが、念のため注意して下さい。

インスティテュート

なお、ナノサイエンス・インスティテュート(物理科)は第2志望を含んだ合格者数です。

化学のほうが合格が難しく、化学に不合格になった受験生が第二志望に物理学を選んでいたら、物理の合格基準を満たしていれば合格できます。

なお、H28年のセンター利用Ⅰで100%の合格率になっていますが、実際は合格者の全員が化学で受験し不合格になり第2志望で物理に合格しているようです。初めから物理を受けた人は全員不合格になっているみたいです。

このように前期・センター利用Ⅰは毎年第二志望合格者がいることに注意してください。

応用数学

  • 入学定員:65名
  • 一般前期:185点
  • 系統別 :265点
  • プラス :75%
年度入試形態配点合格最低点合格得点率募集人員合格者数受験者数志願者数合格率倍率進研河合
2018年一般前期300点未定未定27人104人358人371人29.1%3.44倍偏52偏50.0
2017年166点55.3%33人134人350人361人38.3%2.61倍セ70%
2016年180点60.0%33人144+25人465人475人36.3%2.75倍偏52偏50.0
2015年182点60.7%34人141+6人442人450人33.3%3.01倍
2018年系統別400点未定未定3人19人85人86人22.4%4.47倍偏52偏50.0
2017年253点63.3%3人31人89人90人34.8%2.87倍セ70%
2016年276点69.0%3人19人89人89人21.3%4.68倍偏52偏47.5
2015年280点70.0%2人19人84人87人22.6%4.42倍
2018年プラス400点非公開2人53人164人170人32.3%3.09倍偏56偏50.0|セ74%
2017年非公開2人45人130人132人34.6%3.25倍偏50.0|セ72%
2016年非公開2人45人172人173人26.2%3.82倍
2015年非公開2人40人143人144人28.0%3.58倍
2018年利用Ⅰ600点非公開2人18人63人63人28.6%3.50倍偏54セ73%
2017年非公開2人18人57人57人31.6%3.17倍偏47.5
2016年非公開2人17人77人78人22.1%4.53倍
2015年非公開2人26人112人112人23.2%4.31倍
2018年利用Ⅱ500点非公開2人18人46人46人39.1%2.56倍偏56セ70%
2017年非公開2人12人28人28人42.9%2.33倍偏47.5
2016年非公開2人8人32人32人25.0%4.00倍
2015年非公開2人4人5人5人80.0%1.25倍
2018年一般後期200点非公開2人未定未定未定未定未定
2017年非公開2人4人23人23人17.4%5.75倍
2016年非公開2人6人29人29人20.7%4.83倍
2015年非公開2人4人25人25人16.0%6.25倍

一般前期

前年度と比較が難しいですが、難易度はほとんど変わらないと思います。

系統別

系統別の配点は、数学200点英語・選択科目100点です。

系統別では合格者の大半が数学で8割前後の点数を取っているはずです。

数学が好きだとしても、苦手であれば系統別で合格することは難しいでしょう。

センタープラス

受験者数が極端に増えたので、前年度よりは合格が難しくなることが予想されます。

社会数理・情報インスティテュート

  • 入学定員:ー
  • 一般前期:185点
  • 系統別 :280点
  • プラス :75%
年度入試形態配点合格最低点合格得点率募集人員合格者数受験者数志願者数合格率倍率進研河合
2018年一般前期300点未定未定11人23人118人120人19.5%5.13倍偏52偏50.0
2017年177点59.0%28人90人92人31.1%3.21倍偏50.0
2016年184点61.3%24人97人102人24.7%4.04倍偏52偏50.0
2015年190点63.3%25+3人114人116人24.6%4.07倍
2018年系統別400点未定未定8人39人40人20.5%4.88倍偏52偏50.0
2017年253点63.3%7人32人32人21.9%4.57倍偏50.0
2016年261点65.3%4人27人29人14.8%6.75倍偏52偏50.0
2015年280点70.0%5人38人39人13.2%7.60倍
2018年プラス400点非公開14人68人68人20.6%4.86倍偏54偏47.5|セ73%
2017年非公開12人40人40人30.0%3.33倍偏47.5|セ70%
2016年非公開11人43人44人25.6%3.91倍
2015年非公開11人46人46人23.9%4.18倍
2018年利用Ⅰ600点非公開3人14人14人21.4%4.67倍偏52セ64%
2017年非公開2人10人10人20.0%5.00倍セ57%
2016年非公開4人22人22人18.2%5.50倍
2015年非公開6人29人29人20.7%4.83倍
2018年利用Ⅱ500点非公開2人10人10人20.0%5.00倍偏53セ70%
2017年非公開3人13人13人23.1%4.33倍セ65%
2016年非公開4人12人12人33.3%3.00倍
2015年非公開2人3人3人66.6%1.50倍
2018年一般後期200点非公開未定未定未定未定未定
2017年非公開2人9人9人22.2%4.50倍
2016年非公開2人8人8人25.0%4.00倍
2015年非公開2人8人8人25.0%4.00倍

一般前期

志願者が90名から120名に増えましたが、おそらく40名前後の合格者数を出すはずなので、難易度は昨年度と変わらないはずです。

系統別

系統別の配点は、数学200点英語・選択科目100点です。

難易度は前年度とそこまで変わらないはずです。

センタープラス

志願者数が大幅に増えたので、昨年度よりも合格するのは難しくなるはずです。

物理科学

  • 入学定員:60名
  • 一般前期:160点
  • 系統別 :215点
  • プラス :65%
年度入試形態配点合格最低点合格得点率募集人員合格者数受験者数志願者数合格率倍率進研河合
2018年一般前期300点未定未定29人125人309人311人40.5%2.47倍偏50偏45.0
2017年146点48.7%34人116人228人232人50.9%1.97倍偏42.5
2016年151点50.3%34人130人194人203人67.0%1.49倍偏50偏45.0
2015年151点50.3%35人138+12人273人279人54.9%1.82倍
2018年系統別400点未定未定3人28人119人120人23.5%4.25倍偏50偏42.5
2017年202点50.5%3人53人107人108人49.5%2.02倍偏40.0
2016年214点53.5%3人49人80人81人61.3%1.63倍偏50偏42.5
2015年213点53.3%2人34人72人72人47.2%2.12倍
2018年プラス400点非公開2人53人162人162人32.7%3.06倍偏54偏45.0|セ62%
2017年非公開2人36人71人85人50.7%1.97倍偏45.0|セ58%
2016年非公開2人34人58人65人58.6%1.71倍
2015年非公開2人37人87人94人42.5%2.35倍
2018年利用Ⅰ500点非公開2人25人49人58人51.0%1.96倍偏54セ63%
2017年非公開2人38人52人60人73.1%1.37倍セ62%
2016年非公開2人23人39人42人59.0%1.70倍
2015年2人27人61人69人44.3%2.26倍
2018年利用Ⅱ500点非公開2人12人25人28人48.0%2.08倍偏55セ68%
2017年非公開2人19人27人27人70.4%1.42倍セ65%
2016年非公開2人9人13人13人69.2%1.44倍
2015年非公開2人2人3人3人66.7%1.50倍
2018年一般後期200点非公開2人未定未定未定未定未定
2017年非公開2人6人16人16人37.5%2.67倍
2016年非公開2人7人16人18人43.8%2.29倍
2015年非公開2人3人7人7人42.9%2.33倍

理学部断トツで合格しやすい学科は物理(ナノ含む)です。

他の学科とは比べ物にならないくらい合格しやすいです。

物理が得意であれば、他の科目が苦手でも合格できてしまうはずです。

一般入試

定員に変化はありませんが、受験者数が大幅に増えました。

昨年よりも難化するはずです。

系統別

系統別の配点は、物理200点英語・数学100点です。

合格最低点が220点を超すことはおそらくないはずです。

だとすれば、物理で8割取ることができれば、英語・数学が極端に苦手でも合格できる可能性があります。

物理命の人には最高に受験がしやすいと思います。

本年度は受験者数が多いですが、合格者をそれなりに出すはずなので、世ほぼ勉強をさぼってきた人でなければ合格できるはずです。

センタープラス

志願者数が85人から、162人に大幅に増えました。

ここまで受験者が増えたら合格するのはかなり難しくなることが予想されます。

倍率は4倍を超える可能性もあるはずです。

物理科学ナノ

  • 入学定員:ー
  • 一般前期:150点
  • 系統別 :220点
  • プラス :60%
年度入試形態配点合格最低点合格得点率募集人員合格者数受験者数志願者数合格率倍率進研河合
2018年一般前期300点未定未定5人14人30人33人46.7%2.14倍偏50偏45.0
2017年146点48.7%10人15人16人66.7%1.50倍偏42.5
2016年149点49.7%23人29人30人79.3%1.26倍偏51偏45.0
2015年159点53.0%28人44人45人63.6%1.57倍
2018年系統別400点未定未定10人29人29人34.5%2.90倍偏50偏45.0
2017年219点54.8%11人26人26人42.3%2.36倍偏45.0
2016年222点55.5%7人25人25人28.0%3.57倍偏51偏47.5
2015年237点59.3%5人24人25人20.8%4.80倍
2018年プラス400点非公開6人12人15人50.0%2.00倍偏52偏45.0|セ62%
2017年非公開2人5人5人40.0%2.50倍偏45.0|セ48%
2016年非公開4人11人12人36.4%2.75倍
2015年非公開7人17人17人41.2%2.43倍
2018年利用Ⅰ600点非公開7人11人11人63.6%1.57倍偏52セ59%
2017年非公開8人6人6人133.0%0.75倍セ56%
2016年非公開8人8人8人100.0%1.00倍
2015年非公開12人7人7人171.4%0.58倍
2018年利用Ⅱ500点非公開4人6人6人66.7%1.50倍偏52セ69%
2017年非公開4人5人5人80.0%1.25倍セ66%
2016年非公開1人2人2人50%2.00倍
2015年非公開1人2人2人50.0%2.00倍
2018年一般後期200点非公開未定未定未定未定未定
2017年非公開0人3人3人0.0%
2016年非公開1人1人1人100%1.00倍
2015年非公開0人4人4人0.0%

一般前期

募集人員が変わらず、受験者数だけが増えたので合格は難しくなります。

ただし、物理学科は合格最低点が極端に低いので物理が好きで得意であるなら受験者数が増加したことに関係なく合格できるはずです。

系統別

系統別の配点は、物理or化学200点英語・数学100点です。

物理学科より若干合格が難しくなるかもしれませんが、そこまで難易度は変わりません。

系統別だと下手をすると通常の物理科学よりも簡単に合格できる時もあります。

センタープラス

受験者は増えましたが、大学がどこまでセンタープラスで合格者を出すかは年度により異なるので、必要最低限の点数が取れれば普通に合格できると思います。

化学科

  • 入学定員:65名
  • 一般前期:170点
  • 系統別 :240点
  • プラス :70%
年度入試形態配点合格最低点合格得点率募集人員合格者数受験者数志願者数合格率倍率進研河合
2018年一般前期300点未定未定32人171人334人342人51.2%1.95倍偏52偏47.5
2017年170点56.7%34人176人373人392人47.2%2.12倍偏45.0
2016年175点58.3%34人177+4人445人454人40.7%2.46倍偏52偏50.0
2015年186点62.0%35人168+40人476人490人43.7%2.29倍
2018年系統別400点未定未定5人33人59人61人55.9%1.79倍偏52偏47.5
2017年249点62.3%3人24人84人84人28.6%3.50倍偏50.0
2016年266点66.5%3人21人99人99人21.2%4.71倍偏52偏47.5
2015年270点67.5%2人17人95人96人17.9%5.59倍
2018年プラス400点非公開2人75人113人117人66.4%1.51倍偏55偏50.0|セ70%
2017年非公開2人45人127人135人35.4%2.82倍偏50.0|セ63%
2016年非公開2人29人138人141人21.0%4.76倍
2015年非公開2人29人151人154人19.2%5.21倍
2018年利用Ⅰ600点非公開2人46人72人84人63.9%1.57倍偏54セ68%
2017年非公開2人46人82人93人56.1%1.78倍セ65%
2016年非公開2人41人124人137人33.1%3.02倍
2015年非公開2人52人143人157人36.4%2.75倍
2018年利用Ⅱ500点非公開2人16人23人24人69.6%1.44倍偏55セ71%
2017年非公開2人16人33人40人48.5%2.06倍セ69%
2016年非公開2人15人26人28人57.7%1.73倍
2015年非公開2人8人13人13人61.5%1.63倍
2018年一般後期200点非公開2人未定未定未定未定未定
2017年非公開2人3人6人6人50.0%2.00倍
2016年非公開2人2人17人17人11.8%8.50倍
2015年非公開2人4人18人18人22.2%4.5倍

理学部の中で一番合格が難しい学科です。

一般前期

定員が数名増えたのに加え受験生が少し減りました。

合格しやすくなるはずです。

系統別

系統別の配点は、数学・化学150点英語100点です。

明らかに理系科目が得意な人に有利な受験形態です。

とはいっても、受験生の大半が英語が苦手で理系科目には自信のあるというタイプだと思うので、極端に数学・化学が得意でない限り、結局は英語が合否に大きな影響を与えます。

ただし、本年度は受験者数が減ったことに加え、募集人員も増えたので、かなり合格しやすくなるはずです。

センタープラス

受験者数は減りましたが、どうやらセンターでよい点数を取った人が受けるみたいなので、合格が難しくなるかもしれません。

化学科ナノ

  • 入学定員:ー
  • 一般前期:165点
  • 系統別 :245点
  • プラス :60%
年度入試形態配点合格最低点合格得点率募集人員合格者数受験者数志願者数合格率倍率進研河合
2018年一般前期300点未定未定5人19人39人40人48.7%2.05倍偏51偏45.0
2017年166点55.3%8人36人36人22.2%4.50倍偏45.0
2016年177点59.0%17+1人59人61人30.5%%3.28倍偏52偏47.5
2015年182点60.7%23+1人60人62人40.0%2.50倍
2018年系統別400点未定未定8人26人26人30.8%3.25倍偏51偏47.5
2017年243点60.8%19人37人37人51.4%1.95倍偏47.5
2016年254点63.5%9人45人45人20.0%5.00倍偏52偏47.5
2015年255点63.8%8人44人44人18.2%5.50倍
2018年プラス400点非公開12人16人17人75.0%1.33倍偏54偏47.5|セ62%
2017年非公開8人17人17人47.1%2.13倍偏47.5|セ59%
2016年非公開7人29人32人24.1%4.14倍
2015年非公開9人20人20人45.0%2.22倍
2018年利用Ⅰ600点非公開7人16人17人43.8%2.29倍偏53セ70%
2017年非公開4人16人16人25.0%4.00倍セ64%
2016年非公開4人18人18人22.2%4.50倍
2015年非公開7人31人32人22.6%4.43倍
2018年利用Ⅱ500点非公開3人5人5人60.0%1.67倍偏53セ72%
2017年非公開5人8人8人62.5%1.60倍セ69%
2016年非公開4人8人8人50.0%2.00倍
2015年非公開1人2人2人50.0%2.00倍
2018年後期200点非公開未定未定未定未定未定
2017年非公開2人4人4人50.0%2.00倍
2016年非公開1人3人3人33.3%3.00倍
2015年非公開1人4人4人25.0%4.0倍

一般前期

受験者数は昨年度とほぼ変わりませんし、定員もおそらく2名ほど増えたはずなので、昨年度よりは合格しやすいはずです。

系統別

系統別の配点は、物理or化学と数学150点英語100点です。

募集人員が増えているはずなので、前年度よりは合格しやすくなるはずです。

センタープラス

前年度同様の難易度になると思います。

地球圏科学

  • 入学定員:60名
  • 一般前期:170点
  • 系統別 :230点
  • プラス :65%
年度入試形態配点合格最低点合格得点率募集人員合格者数受験者数志願者数合格率倍率進研河合
2018年一般前期300点未定未定36人120人321人332人37.4%2.68倍偏52偏45.0
2017年170点56.7%36人123+16人313人324人44.4%2.25倍偏45.0
2016年167点55.7%36人122+19人273人281人51.6%1.94倍偏52偏50.0
2015年173点57.7%37人136+11人373人380人39,4%2.54倍
2018年系統別400点未定未定4人27人79人82人34.2%2.93倍偏52偏47.5
2017年227点56.8%4人24人82人82人29.3%3.42倍偏45.0
2016年231点57.8%4人20人88人89人22.7%4.40倍偏52偏47.5
2015年261点65.3%3人18人99人100人18.2%5.50倍
2018年プラス400点非公開2人41人124人128人33.1%3.02倍偏55偏47.5|セ64%
2017年非公開2人36人108人111人33.3%3.00倍偏47.5|セ60%
2016年非公開2人23人90人94人25.6%3.91倍
2015年非公開2人23人98人101人23.5%4.26倍
2018年利用Ⅰ600点非公開2人26人64人65人40.6%2.46倍偏54セ65%
2017年非公開2人27人68人68人39.7%2.52倍セ64%
2016年非公開2人27人80人80人33.8%2.96倍
2015年非公開2人36人112人113人32.1%3.11倍
2018年利用Ⅱ500点非公開2人19人37人37人51.4%1.95倍偏55セ69%
2017年非公開2人15人47人47人31.9%3.13倍セ69%
2016年非公開2人8人19人19人42.1%2.38倍
2015年非公開2人6人10人10人60.0%1.67倍
2018年一般後期200点非公開2人未定未定未定未定未定
2017年非公開2人4人14人15人28.6%3.50倍
2016年非公開2人2人9人11人22.2%4.50倍
2015年非公開2人2人10人11人20.0%5.0倍

一般前期

志願者数は昨年度とほぼ同じです。

定員も変わっていないので、難易度は昨年度と同じになるはずです。

系統別

系統別の配点は、選択科目200点英語・数学100点です。

理科が得意であればかなり合格しやすくなります。

センタープラス

受験者数が17人増えました。

センター試験でも6割5分程度取れた人が受験するみたいないので、前年度よりも難しくなると思われます。