三池高校についての詳細情報をまとめています。

偏差値・内申点

受験者の偏差値は30台後半~60台中盤までと、かなり開きがあります。

偏差値45以上の受験生の9割以上が合格できています。

内申点は30~35が多くを占めています。

偏差値47、内申30以上あれば十分合格できるはずです。

私立併願先はほぼ全員が「大牟田高校」です。大牟田の特進に不合格になっている人も三池高校に合格できている人が多くいます。

倍率はここ6年ほど1.1倍を下回っています。

三池高校の偏差値は50後半と表記しているところがありますが、40台前半でも合格ができてしまっているのが現状です(入試終了後検索したら59とか60と書かれていて驚きました、いったいいつのデータを利用しているのか…)。

上位合格者が偏差値60台、下位合格者が偏差値30台という他に例を見ない受験者層の幅が偏差値50台後半と表記されているのに40台前半でも合格できてしまうという異常な現象が起こっていると思われます。

仮に定員が160名に減れば、偏差値40台前半の人が一般入試で合格することは不可能になると思います。

参考:福岡県高校入試情報
参考:筑後地区の公立高校偏差値一覧
参考:偏差値は参考程度
参考:通知表・内申点の仕組み
参考:公立高校志願倍率の仕組み
参考:第10学区の過去の倍率

平成31年度の定員・実質倍率

平成31年度の志願状況は以下の通りです。カッコ内は昨年度。

  • 入学定員  :200(200)人
  • 合格内定  :57(57)人
  • 一般合格枠 :143(143)人
  • 一般受験者 :152(152)人
  • 一般倍率  :1.02(1.06)倍
  • 難易度   :同じ

定員200名に対し57名の内定者がいるので一般入試では143名が合格できます。

中間発表後、志願者が1人増え203名になりました。

一般入試は志願者203名から内定者を引いた146名が受験予定なので、実質倍率は1.02倍(不合格になるのは3名)です。

昨年度同様よほどのことがない限り不合格になることはないはずです。

合格最低点・ボーダー目安

2019年度は昨年同様、内申点が27以上あれば不合格になることはないはずです。

三池高校のような進学校は、定員に達さなくなるとしても一定の点数を下回った場合、不合格にするのが通常なはずです(他の進学校で、三池高校と同じような倍率になったとき、かなりの不合格者を出していました)。

そして、補充募集を掛けて定員を満たそうとします。

地域的なものなのか、三池高校ではそのようなことをせず、どのような学力でも合格にしているみたいです(実際は分かりませんがデータを見る限りそうとしか思えません)。

本年度も例年通りであれば、偏差値30台でも合格の可能性がでてくるはずです。

学校情報

学校情報をまとめています。

部活

  • 硬式テニス
  • ソフトテニス
  • 卓球
  • 弓道
  • バスケットボール
  • ハンドボール
  • サッカー
  • 野球
  • バレーボール
  • 陸上
  • 剣道
  • 文芸
  • コーラス
  • 邦楽(筝)
  • 茶道
  • 演劇
  • 華道
  • 美術
  • 科学
  • 写真
  • 吹奏楽
  • ボランティアクラブ
  • 食物
  • 書道
  • 英語

クラス編成

入試結果から上位合格者と下位合格者の差がかなりあることが分かります。

にもかかわらず、比較的良い合格実績がでているのは学校の努力が影響していることは間違いないと思います。

単に特進とそれ以外のクラスに分けるだけでは、下位合格者に対して適切な対応を取ることができません。高校側がそれをしっかりと理解したうえでクラス編成を考えていることがうかがえます。

所在場所

三池高校」は福岡県大牟田市草木245にあります。

[map address="福岡県大牟田市草木245" width="100%" height="300px" theme="三池高校" class="dp-light-border-map dp-map-centered" zoom="15" draggable="true" controls="true"]

在校生数

H29年5月現在の在籍生徒数(左男子・右女子)は以下の通りです。

  • 1年:102名・98名
  • 2年:94名・102名
  • 3年:88名・112名
  • 合計:284名・312

※H30年は高校のHPで生徒数確認できなくなったので更新できません。

合格実績

H29年度は定員が240名(卒業生235名)だった時の結果です。

H30年度は生徒数が40名減っているのに実績はむしろ上昇しています。

※高校HPでは浪人生が含まれているかどうか明記されていないので分かりません。

国立大学

偏差値40台~60台後半と幅広い生徒が入学してくるなか、上位で合格した生徒をしっかりと国立大学に合格させていると思います。

以下、準大学(防衛大など)を含めない合格実績です。

大学名九州大学九州工業大学福岡教育大学福岡女子大学北九州市立熊本大学長崎大学佐賀大学大分大学鹿児島大学宮崎大学国立大学合計
H30202001221834154
H2931101521327054

私立大学

卒業生の数と国公立合格者数を考えると西南・福大レベルの大学に合格できている人は半数もいないはずです。

ただ、そうであっても、入学時の生徒たちの偏差値を見る限り、かなりすごい結果を出しているように私からは見えます。

大学名西南学院大学福岡大学中村学園大学九州産業大学福岡工業大学久留米大学立命館APU早稲田大学慶応大学上智大学明治大学青山学院大学立教大学中央大学法政大学同志社大学立命館大学関西学院大学関西大学
H3020119121322390000000414620
H29271017不明不明470000000004401