折尾高校

折尾高校についての詳細情報を以下の順にまとめています。

  1. 偏差値・内申点
  2. 平成31年度の定員・実質倍率
  3. 合格最低点・ボーダー目安
  4. 学校情報
  5. 在校生数
  6. 進路実績

偏差値・内申点

総合ビジネス科が若干難易度が高い感じもしますが、どの学科も同程度の学力で合格ができるはずです。

一般入試では偏差値が47以上あれば不合格になることはあまり考えられないと思いますが内申点には注意して下さい。

合格者の大半が内申点27以上なので、それよりも低い人は本番で結果をだせるように頑張ってください。

倍率が1倍を下回ることはほぼ考えられません。

また、受験年度によって倍率が大きく変わります。

どうしても公立に合格をしたい場合は中間発表で倍率が低いところを選びましょう。

ただし、同じようなことを考える人が自分だけではないので、安易に変更をすると逆に難しい状況になる可能性もあります。

変更する場合はそれを分かったうえで変更をしてください。

また、推薦入試で半数近くの合格者が決まっているので一般入試は県が公表している名目倍率よりも難しくなることに注意してください。

2018年度入試の合否開示結果」で頂いた情報を掲載させてもらっています。

参考:福岡県高校入試情報
参考:北九州地区の公立高校偏差値一覧
参考:偏差値は参考程度
参考:通知表・内申点の仕組み
参考:公立高校志願倍率の仕組み
参考:北九州地区の工業系高校過去の倍率

平成31年度の定員・実質倍率

平成31年度の志願状況は以下の通りです(カッコ内は昨年度)。

総合ビジネス科

  • 入学定員  :80(80)人
  • 合格内定  :32(32)人
  • 一般合格枠 :48(48)人
  • 一般受験者 :55(77)人
  • 一般倍率  :1.15(1.60)倍
  • 難易度昨年比:かなり易化

定員80名に対し32名の内定者がいるので一般入試では48名が合格できます。

中間発表後、志願者が2人増え87名になりました。

一般入試は受験87名から内定者を引いた56名が受験するので、実質倍率は1.15倍(不合格になるのは7名)です。

平成27年度の名目倍率1.33倍、平成30年度の名目倍率1.36倍と倍率が高くなっている年でも偏差値47くらいで合格できています。

倍率がここまで低くなれば、数字上は偏差値40前半でも合格できる可能性がでてきます。

ただし、生活デザイン科の倍率が高いので高校の転科合格基準によっては昨年同様の難易度になる可能性も考えられます。

ビジネス情報科

  • 入学定員  :80(80)人
  • 合格内定  :32(24)人
  • 一般合格枠 :48(56)人
  • 一般受験者 :49(64)人
  • 一般倍率  :1.02(1.14)倍
  • 難易度昨年比:かなり易化

定員80名に対し32名の内定者がいるので一般入試では48名が合格できます。

中間発表後、志願者が3人増え81名になりました。

一般入試は受験者81名から内定者を引いた49名が受験するので、実質倍率は1.02倍(不合格になるのは1名)です。

昨年度同様変更前の名目倍率が1倍を下回っていたのに変更後に1倍を超えました。

とは言っても、実質倍率で1.02倍、不合格になるのは数字上は1名だけなので、よほどのことがない限り不合格にならないことに変わりはありません。

例年に比べれば合格しやすいことは間違いないです。

生活デザイン科

  • 入学定員  :80(80)人
  • 合格内定  :32(32)人
  • 一般合格枠 :48(48)人
  • 一般受験者 :86(75)人
  • 一般倍率  :1.79(1.56)倍
  • 難易度昨年比:かなり難化

定員80名に対し32名の内定者がいるので一般入試では48名が合格できます。

中間発表後、志願者が2人減り118名になりました。

一般入試は受験者118名から内定者を引いた86名が受験するので、実質倍率は1.79倍(不合格になるのは38名)です。

昨年度の実質倍率が1.56倍とかなり高かったので本年度は倍率が大幅に下がると思いましたがさらに高くなりました。

偏差値40台前半、内申書に問題がなければ30台後半でも合格の可能性が十分あった平成28・29年度のように誰でも合格ができる状況ではなくなりました。

26年・27年度に名目倍率が1.53倍だったときと同じように偏差値47前後が合否の分かれ目になると思われます。

合格最低点・ボーダー目安

2019年度は

平均点が180点であれば155点前後

平均点が160点であれば135点前後(情報130点、生活145点)

内申点は27

が目安になると思います。

高校の転科合格の基準が分からないので、もしかすると全ての学科で合否の分かれ目が145点前後になる可能性もあります。

学校情報

学校の情報についてまとめています

所在場所

折尾高校」は福岡県北九州市八幡西区大膳2丁目23-1にあります。JR「折尾駅」から徒歩20分。

在校生数

H30年5月現在の在籍生徒数(左男子・右女子)は以下の通りです。

総合ビジネス

  • 1年:12名・68名
  • 2年:11名・68名
  • 3年:18名・61名
  • 合計:41名・197

H29年は以下

  • 1年:11名・69名
  • 2年:18名・62名
  • 3年:14名・65名
  • 合計:43名・196

ビジネス情報

  • 1年:24名・56名
  • 2年:23名・56名
  • 3年:23名・54名
  • 合計:70名・166

H29年は以下

  • 1年:24名・56名
  • 2年:23名・56名
  • 3年:26名・53名
  • 合計:73名・165

生活デザイン

  • 1年:0名・80名
  • 2年:0名・79名
  • 3年:0名・78名
  • 合計:0名・237

H29年は以下

  • 1年:0名・80名
  • 2年:0名・78名
  • 3年:0名・77名
  • 合計:0名・235

2年次からはファッション、フード、保育・福祉の中で関心の強いものを重点的に学べるように類型が分かれているみたいです。

進路実績

大学に進学する人が15%前後いるみたいです。

3つの学科の中では総合ビジネス学科が就職をする人の割合が高くなっています。

平成30年3月卒業生の進路状況は4年制大学32名、短大25名、先週・各種学校71名、就職98名。