東鷹高校

東鷹高校についての詳細情報を以下の順にまとめています。

  1. 偏差値・内申点
  2. 平成30年度の定員・実質倍率
  3. 対策
  4. 学校情報
  5. 部活
  6. 合格実績

偏差値・内申点

受験生の大半が偏差値30・40台です。

普通科は2016年3月入試でついに1倍を下回りました。

倍率が1.1倍くらいのときは念のため偏差値40くらいをコンスタントに取れていることが望ましいです。

総合生活は倍率が3年連続1倍を下回っています。不合格になる人はほぼいないでしょう。

どちらの科でも内申点は特に気にする必要は無いと思います。

2017年3月入試で定員が変わることはないと思いますが2018年3月入試ではどうなるかわかりません。

参考:筑豊地区の公立高校偏差値一覧
参考:福岡県公立高校入試情報
参考:通知表・内申点の仕組み
参考:公立高校志願倍率の仕組み

平成30年度の定員・実質倍率

平成30年度の志願状況は以下の通りです。カッコ内は昨年度。

普通科

  • 入学定員  :120(120)人
  • 合格内定  :63(60)人
  • 一般合格枠 :57(60)人
  • 一般受験者 :64(79)人
  • 一般実質倍率:1.12(1.32)倍
  • 難易度   :易しい

定員120名に対し63名の内定者がいるので一般入試では57名が合格できます。

中間発表後、志願者が1名増え127名になりました。

一般入試は志願者127名から内定者を引いた64名が受験予定なので、実質倍率は1.12倍(不合格になるのは7名)です。

内申書に問題がなければ偏差値40前後でも十分合格できると思います。

総合生活科

  • 入学定員  :40(80)人
  • 合格内定  :22(32)人
  • 一般合格枠 :18(48)人
  • 一般受験者 :23人
  • 一般実質倍率:0.48倍
  • 昨年実質倍率:0.47倍
  • 難易度   :同じ

定員40名に対し22名の内定者がいるので一般入試では18名が合格できます。

中間発表後も志願者の増減はなく、志願者は44名になりました。

一般入試は志願者44名から内定者を引いた22名が受験予定なので、実質倍率は1.22倍(不合格になるのは4名)です。

定員が減ったこともあり、5年ぶりに倍率が1倍を上回りました。

とは言っても、内申書に問題がなければ合格できることに変わりはないと思います。

対策

普通科でも倍率が1倍を下回ることもあります。

仮に倍率が1倍を上回ったとしてもよほどのことがない限り不合格になることはないので特に対策を取らずとも合格ができてしまうかもしれません。

全く勉強をしてこなかったことが原因で偏差値が30台の人は、暗記科目である理科・社会を中心に勉強をし、数学は大問1でできる限り点数を取ること、国語の作文、英語は単語の暗記だけに徹してください。

そうすれば、合格の可能性がものすごく高くなるはずです。

総合生活科は、倍率が1倍を超えることはないはずです。全教科0~15点といった極端に低い点数を取らない限り合格ができると思います。

学校情報

入学者の偏差値が低いということもあり、大学への進学実績は高くありません。

普通科の定員が120名にもかかわらず大学進学者は40名前後、短期大学20名前後程度のようです。

卒業生の大半が専門学校への進学か、就職をしています。

在校生数

H29年5月現在の在籍生徒数(左男子・右女子)は以下の通りです。

普通科総合コース

  • 1年:61名・60名
  • 2年:54名・54名
  • 3年:46名・68名
  • 合計:161名・182

総合生活科

  • 1年:29名・43名
  • 2年:20名・32名
  • 3年:18名・44名
  • 合計:67名・119

所在場所

東鷹高校」は田川市大字伊田2362番3にあります。アクセスはJR日田彦山線「田川伊田駅」、平成筑豊鉄道「田川伊田駅」からそれぞれ徒歩20分かかるみたいです。

バスも出ていると思いますが、遠方からの通学は不便だと思います。

部活

  • 野球
  • サッカー
  • テニス
  • 陸上競技
  • 弓道
  • バレーボール(女子)
  • バスケットボール
  • バドミントン
  • レスリング
  • 空手道
  • ボクシング
  • 剣道
  • 吹奏楽
  • 放送
  • 美術
  • 書道
  • 演劇
  • 作法
  • 調理研究
  • ボランティア
  • サイエンス研究会

合格実績

国公立と私立大学の合格実績です。

通常の高校ではH29年1~3月に行われた入試はH29年度入試として表記していますが、東鷹高校のHPでは平成28年度と表記されています。

他の高校と合わせるために受験情報局では東鷹が平成28年度としている進路実績を平成29年と書いています。

国立大学

H29年度は九州工業大学2名、佐賀大学1名、北九州市立大学1名、福岡県立大学2名。

H28年度は福岡教育大学1名、下関市立大学2名、北九種私立大学1名、福岡県立大学2名

私立大学

H29年度は九産大4名、福岡工業大学6名、立命館アジア太平洋1名、その他30人程度が私立大学に合格しています。

H28年度は福大1名、九産大9名などです。