北九州高校

北九州高校についての詳細情報を以下の順にまとめています。

  1. 偏差値・内申点
  2. 定員・実質倍率
  3. 学校情報
  4. 合格実績

偏差値・内申点

偏差値47以上になると不合格になる人がほとんど見られなくなります。

倍率にもよりますが、倍率が1.7倍くらいなら偏差値が41以上あれば合格の可能性がでてくるはずです。

40以下になると極端に合格者数が減ります。

受験者の4割近くが偏差値30台で受験しています。

合格者の多くが内申点27以上を取っていますが、中には24~26でも合格している人もいるみたいです。

これらを考えると、偏差値43以上、内申点27以上を受験の目安にしていいかと思います。

倍率は1.7倍前後になることが多いです。

偏差値が低い人がどうしても公立に行きたいという理由で倍率が高くなっているだけなので、偏差値47以上ある人は倍率をそこまで気にする必要は無いと思います。

ボーダー

倍率は高いですが、合格最低点はそこまで高くないはずです。

平均点が180点の場合145点前後がボーダーになると思います。

参考:北九州地区の公立高校偏差値一覧
参考:福岡県公立高校入試情報
参考:通知表・内申点の仕組み

定員・実質倍率

定員・実質倍率を書いています。「難易度」は同高前年比です。

普通科

  • 入学定員  :160人
  • 合格内定  :31人
  • 一般合格枠 :129人
  • 一般受験者 :290人
  • 一般倍率  :2.25倍
  • 昨年実質倍率:1.86倍
  • 難易度   :かなり難しい

H29年度

推薦入学の合格者枠は24人程度とされていました。実際に合格したのは52人中31人(1.68倍)です。

160人の定員から内定者の31人を引いた129人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が337人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた2.37倍(129/306)です。数字上は177人が不合格になります。

変更で受験者数が16人減り受験者数が321人になりました。昨年度より実質倍率が0.39倍増えました。

H28年度

定員160人に対し、志願者数276人(変更前278人)。名目倍率1.73倍、内定者(25人)を除いた実質倍率は1.86倍でした。

体育コース

  • 入学定員  :40人
  • 合格内定  :35人
  • 一般合格枠 :5人
  • 一般受験者 :11人
  • 一般倍率  :2.20倍
  • 昨年実質倍率:1.00倍
  • 難易度   :難しい

H29年度

推薦入学の合格者枠は32人程度とされていました。実際に合格したのは38人中35人(1.09倍)です。

40人の定員から内定者の35人を引いた5人が一般入試の合格予定人数です。

中間発表で受験者数が43人とされました。内定者を除いた現在の実質倍率は引いた1.60倍(5/8)です。数字上は3人が不合格になります。

変更で受験者数が3人増え受験者数が46人になりました。昨年度より実質倍率が1.20倍増えました。

H28年度

定員40人に対し、志願者数40人(変更前39人)。名目倍率は1.00倍、内定者(31人)を除いた実質倍率は1.00倍でした。

参考:公立高校志願倍率の仕組み

学校情報

北九州では珍しい体育コースがあります。

在校生数

H29年5月現在の在籍生徒数(左男子・右女子)は以下の通りです。

普通科

  • 1年:82名・78名
  • 2年:76名・84名
  • 3年:85名・70名
  • 合計:243名・232

体育コース

  • 1年:26名・14名
  • 2年:27名・12名
  • 3年:22名・18名
  • 合計:75名・44

所在場所

北九州高校」は北九州市小倉南区若園 5-1-1にあります。モノレール「北方」駅から徒歩8分です。

 

合格実績

最近の主な進路状況として、広島大学、福岡教育大学、北九州市立大学などの国公立大学が上がっていますが、毎年どの程度が合格しているのかは分かりません。

福大の合格者数が一桁、西南に合格する人がほとんどいないというのが現状みたいなので、学校で学ぶだけでは大学進学は難しいと思ったほうがいいです。

私は偏差値30台から大学に進学したという経験があるので、北九州高校のような学校をみると、もっと頑張って福大合格者を増やしてもらいたいと思ってしまいます。

大学に進学がすべてではないですが、大学進学をすることは18~22歳の子供から大人に変化する年齢の時にしっかりと自分を見つめなおす機会を持てるのでマイナスよりもプラスの面が多いと思います。

参考:私の偏差値推移